MENU

INSTRUCTORインストラクター

ERI OGINO荻野 恵理

ERI OGINO荻野 恵理

資格

  • 全米ヨガアライアンスRYT200(YMC カラダアカデミーハワイ校卒業)
  • YMC SUP YOGA TT修了
  • IHTAマタニティ・産後ヨガ 資格取得中
  • yoga・SUPYOGA講師/振付師/俳優
  • ninmaReyoga主宰
  • OLIVA監修トレーナー

経歴

8歳でJAZZダンスを始め、16歳で南青山少女歌劇団に入団。
以降、俳優としてドラマ・CM・舞台出演、ダンススキルを活かしながら振付師として活動を続ける。
2015年3月ハワイにヨガ留学。
心と体が生き返っていく感覚・内側が変わると同じ景色もまるで違うものに見えることに深く感動し、
帰国後すぐに自主開催クラスをスタート。

現在は東京・横浜でのレギュラークラスの他、企業や店舗への出張ヨガ、
その人に合わせたプライベート・kids体幹作りなどのクラスを開催。
またperformerとしての側面から<yoga×音楽・芝居>をセットにして届ける
イベントやダンス振付現場でのヨガ導入、ヨガ初めてさん対象クラスの積極的開催など、
性別年齢関係なくその人に合った形でyogaに親しんでいただく機会の提供を常に心がける。

ヨガウェアブランド「urbanretreat」アンバサダー

CM出演:ユニチャーム、JR東日本、ビヒダスヨーグルト、マクドナルド ベジコロバーガー=ダンス編=、コ−セーソフティモ クレンジングオイル、ディズニーシー、 ディズニーリゾート、ファミリーマート...etc
振付作品:映画『心が叫びたがってるんだ。』ミュージカルシーンサポート
「有吉AKB共和国」弾丸ミュージカルツアー、ミュージカル座「不思議なラブストーリー」「マリオネット」...etc

荻野 恵理さんへのインタビュー

①ヨガとの出会いは?
30代を迎えた頃、少しずつ変化してきた身体や 根付いている不調に気づき始めました。
メンテナンスしなくてはという焦り・何か新しい学びへの興味・1ヶ月ぽかんと仕事があいたこと。

すべてのタイミングが合わさり引き寄せられるように、ハワイへのヨガ留学を決めました。

②ヨガをはじめて何か変化はありましたか?
笑っている時間が圧倒的に増えました。
先々を不安に思ったり、他人の考えが理解できず「なんであの人こんなことするの?!」と怒りを覚えたり…
そんな時間が少しづつ減って、「まあいっか」と気楽に捉えられるようになると、毎日の色が明るく変わっていきました。
すごくらくちん。

体の癖以上に、心の癖に気付けるようになったことは、私にとって大きな変化です。

今も相変わらず潜む癖と出逢いますが、見つけた瞬間は「いたな」とニンマリ。
やっぱり笑顔が増えた!

③レッスンではどのようなことを大切にされていますか?
年齢・性別・仕事・その時の気分・体調……
抱える状況はみんな違うから、その人その人の その瞬間に合ったヨガがあります。

アーサナ(ポーズ)に自分を合わせるのではなく、自分にアーサナを合わせていいんだ、ということを大切にしています。
そして呼吸を心地よく。
自分の中の風通しを良くしていくこと。

④最後に、みなさんへメッセージをお願いします!
ヨガは、ダンスやトレーニングではありません。
完成形を目指したり、人と角度を揃えたり、こなすべきメニューがあるわけではなく、ただ自分のこころとからだの声を聞いていく作業。

人と違う自分こそ愛しい。
遊ぶように、柔らかな自分で、ご一緒にヨガを楽しみましょう。