MENU

INSTRUCTORインストラクター

ERI OGINO荻野 恵理

ERI OGINO荻野 恵理

資格

  • RYT200(カラダアカデミーハワイ校)
  • マタニティ・産後ヨガ講師
  • シニアヨガ講師
  • YMC SUP YOGA TT修了
  • 2018年6月RYT200再取得 (Rire YOGA&kids dance studio)

経歴

8歳でJAZZダンスを始め、16歳で南青山少女歌劇団に入団。以降俳優としてドラマ・CM・舞台出演、ダンススキルを活かし振付師としても活動。30代を過ぎ、自身のメンテナンスも兼ね、ハワイへヨガ留学。

そこで出逢ったヨガの思想・世界観に魅せられると同時に、自分をつくろわない開放感や、ヨガの受容性に深い感銘を受け、帰国後仕事のベースをチェンジ。身体から、ココロから、呼吸から。沢山の角度からその人に合った気づきを手渡しできる、そんな講師を目指し、目下追求・学び続ける。

アジア最大級ヨガイベント ヨガフェスタ横浜
2017 出演
2018 トライアルクラス 担当

CM出演
ユニチャーム、JR東日本、ビヒダスヨーグルト、マクドナルド、コ−セーソフティモ クレンジングオイル、ディズニーシー、 ディズニーリゾート、ファミリーマート...etc
振付作品
映画『心が叫びたがってるんだ。』ミュージカルシーンサポート
「有吉AKB共和国」弾丸ミュージカルツアー
ミュージカル座「アイランドーかつてこの島でー」「マリオネット」...etc

荻野 恵理さんへのインタビュー

①ヨガとの出会いは?
30代を迎えた頃、少しずつ変化してきた身体や 根付いている不調に気づき始めました。
メンテナンスしなくてはという焦り・何か新しい学びへの興味・1ヶ月ぽかんと仕事があいたこと。

すべてのタイミングが合わさり引き寄せられるように、ハワイへのヨガ留学を決めました。

②ヨガをはじめて何か変化はありましたか?
笑っている時間が圧倒的に増えました。
先々を不安に思ったり、他人の考えが理解できず「なんであの人こんなことするの?!」と怒りを覚えたり…
そんな時間が少しづつ減って、「まあいっか」と気楽に捉えられるようになると、毎日の色が明るく変わっていきました。
すごくらくちん。

体の癖以上に、心の癖に気付けるようになったことは、私にとって大きな変化です。

今も相変わらず潜む癖と出逢いますが、見つけた瞬間は「いたな」とニンマリ。
やっぱり笑顔が増えた!

③レッスンではどのようなことを大切にされていますか?
年齢・性別・仕事・その時の気分・体調……
抱える状況はみんな違うから、その人その人の その瞬間に合ったヨガがあります。

アーサナ(ポーズ)に自分を合わせるのではなく、自分にアーサナを合わせていいんだ、ということを大切にしています。
そして呼吸を心地よく。
自分の中の風通しを良くしていくこと。

④最後に、みなさんへメッセージをお願いします!
ヨガは、ダンスやトレーニングではありません。
完成形を目指したり、人と角度を揃えたり、こなすべきメニューがあるわけではなく、ただ自分のこころとからだの声を聞いていく作業。

人と違う自分こそ愛しい。
遊ぶように、柔らかな自分で、ご一緒にヨガを楽しみましょう。